合宿免許は延長無しで

合宿免許で延長をすると、余計なお金が必要になることがあるため、最後まで計画的に実行しなければいけません。大抵の場合には2週間程度を目安にして始めますが、特別に焦ることがなければ、多くの人は期間内に卒業することができます。技能教習が得意な場合であっても、学科教習が極端に苦手な場合には、実技と学習のバランスが崩れてしまいます。期間内に卒業するためには、苦手な分野を確実に減らして、全ての項目で無難な成績を残せるようにしておくことが大切です。

合宿免許の生活では、起床から就寝に至るまでの作業は、全て自分の責任で行わなければいけません。門限を守ることができなかったり、授業に遅刻することが頻繁に起こるようでは、期間内に卒業することが困難になります。学科の知識については、教科書の文章を書くことをしながら、同時に暗唱もすると記憶に残りやすくなります。技能教習では緊張を解きほぐしながら、教官の指示に対して忠実であれば、技能の飲み込みも早くなります。

合宿免許には、延長しない方法を最初から提案してくれる施設があります。これは一部で実施されていることで、適用するには条件もありますが、最初に延長保証を設けて余計なお金がかからないようにしてくれる制度です。


Copyright(c) 2017 合宿免許部 All Rights Reserved.